ホームページ制作で絶対にやってはいけないこと、極めて重要な6つのポイント

ウェブ制作を理解しよう

ホームページ制作で絶対にやってはいけないこと、極めて重要な6つのポイントをご紹介します。

目指すべき目標が不明なまま設計してしまったり、情報過多になりがちなデザイン選択をしてしまったりすることはありませんか?

また、コンテンツの無計画な配列や更新性を考慮しない構築方式、そしてSEO対策を忘れてしまうことも注意が必要です。

更に、適切な運用管理体制がないと、ホームページの成果を最大限に引き出すことができません。

この記事では、これらの問題について詳しく解説し、効果的なホームページ制作のポイントをお伝えしています。

ホームページ制作で引っかかる落とし穴6選

ホームページを作成する際、成功するためには何をやってはいけないか、注意すべきポイントがあります。ここでは、ホームページ制作でよく見られる問題点、つまり落とし穴6つについて見ていきましょう。

一つ目のポイントは、目標が明確でないまま設計することです。ホームページの目的や目標を明確に定めずに設計を進めてしまうと、結果的にユーザーに対して必要な情報を伝えることができず、効果的なホームページにはなりません。

二つ目のポイントは、情報が過多になりがちなデザイン選択です。見た目だけにこだわり、多くの情報や要素を詰め込みすぎると、ユーザーにとって情報の取捨選択が難しくなり、結果的に伝わりにくいホームページになってしまいます。

三つ目のポイントは、コンテンツの無計画な配列です。コンテンツはユーザーが求める情報を提供するための重要な要素ですが、その配置やレイアウトが無計画であれば、ユーザーにわかりにくくなります。

四つ目のポイントは、更新性を考慮しない構築方式です。ホームページは常に最新の情報を提供する必要がありますが、更新が難しい構築方式を選んでしまうと、情報の更新が滞り、ユーザーの興味を引き続けることができません。

五つ目のポイントは、SEO対策を忘れてしまうことです。ホームページが検索エンジンで上位に表示されなければ、ユーザーにアクセスされることはありません。そのため、SEO対策はホームページ制作の際に欠かせません。

最後のポイントは、適切な運用管理体制がないことです。ホームページの運用は継続的な作業であり、適切な管理体制がなければ、ユーザーからのフィードバックや問い合わせに対応できず、信頼性を損なってしまいます。

以上、ホームページ制作

ホームページ制作で引っかかる落とし穴の1つは、目指すべき目標が不明なまま設計してしまうことです。

ホームページ制作を行う際には、まず目標を明確にすることが非常に重要です。目標が不明確なまま設計を進めてしまうと、ユーザーにとってわかりづらいサイトになってしまう可能性があります。

例えば、商品を販売するためのホームページを作る場合、ユーザーに商品を購入してもらうことを目標とすることが一般的です。そのためには、ユーザーが一目で商品情報を把握できるようなデザインや分かりやすいコンテンツなどを提供する必要があります。

しかし、目標が不明確なまま設計を進めてしまうと、商品情報が見つけにくいデザインや、余計な情報が多く含まれたコンテンツなどが生まれてしまう可能性があります。

そのため、ホームページ制作を行う前には、必ず目標を明確化し、それに基づいて設計を進めることが重要です。

情報過多になりがちなデザイン選択

ホームページ制作の際には、デザイン選択に慎重であることが重要です。情報を詰め込みすぎたデザインは、ユーザーにとって見づらくなります。例えば、色々なフォントやカラーパレットを使いたくなる気持ちはわかりますが、目立つやわらかい色をポイントとして使用することで、読みやすさが損なわれます。また、過度な余白やラインの多用も、情報の整理が難しくなる原因となります。ユーザーが必要な情報を一目で把握できるように、シンプルで一貫性のあるデザインを心掛けましょう。

コンテンツの無計画な配列

ホームページを制作する際、コンテンツの配列は非常に重要です。しかし、無計画な配列になってしまうと、ユーザーが情報を見つけるのが難しくなります。例えば、必要な情報が散りばめられており、それを探すのに時間がかかってしまったり、順番や関連性が把握しづらくなったりします。そのため、コンテンツの配置には十分な計画が必要です。例えば、メインメニューには重要な情報を配置し、サイドバーやフッターには補足情報や関連情報を配置するなど、ユーザーがスムーズに必要な情報にアクセスできるように工夫しましょう。

更新性を考慮しない構築方式

ホームページを作る際に、更新性を考慮しないで作成してしまうというのは非常によくあるミスです。ホームページは常に最新の情報を反映する必要がありますが、更新しにくい設計や構築方式を選んでしまうと、情報が古くなってしまったり、アクセスが減少してしまったりすることがあります。

例えば、テキスト以外の情報を更新する際に、HTMLのコードを直接編集する必要があるような構築方式を選んだ場合、ド素人の方には非常に難しい作業となってしまいます。また、外部の制作会社に依頼して更新してもらう場合も、コストがかかる可能性があります。

さらに、ホームページを一から作り直す場合には、全てのコンテンツを再度制作しなければならないこともあります。これは非常に手間がかかる上に、時間もかかるため、更新性を考慮しない構築方式は避けるべきです。

ホームページ制作を行う際には、情報の更新頻度や内容を考慮し、更新が容易にできる構築方式を選ぶことが重要です。CMS(コンテンツ管理システム)を利用すると、誰でも簡単にホームページを更新することができますので、ぜひ活用しましょう。

SEO対策を忘れてしまう

ホームページ制作を行う際に絶対にやってはいけないことの一つが、SEO対策を忘れてしまうことです。SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化のことであり、ホームページを構築する際には重要な要素です。検索エンジン上で上位に表示されることでユーザーのアクセスや集客が期待できます。しかし、SEO対策を考慮せずにホームページを制作してしまうと、検索エンジン上で上位に表示されにくくなる可能性があります。例えば、メタタグやキーワードの最適化、サイトマップの作成など、SEO対策には様々な要素があります。ホームページ制作の際には、必ずSEO対策を行うことが重要です。

適切な運用管理体制がない

ホームページ制作において、適切な運用管理体制がないというのは致命的なミスです。ホームページは作成しただけでは終わりではありません。運用管理が十分に行われていないと、コンテンツの更新が滞ったり、セキュリティの脆弱性が生じたりする可能性があります。そのため、ホームページを公開する前に、運用管理の計画を立てることが重要です。具体的には、更新の頻度や更新担当者の役割、セキュリティ対策などを明確にしましょう。また、自社での運用管理が難しい場合は、外部の専門業者に委託することも検討してください。適切な運用管理体制の確立は、ホームページの持続的な成功に欠かせません。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、ホームページ制作で絶対にやってはいけないこと、極めて重要な6つのポイントを紹介しました。目指すべき目標が不明なまま設計してしまったり、情報過多になりがちなデザイン選択をしたり、コンテンツの無計画な配列を行ったり、更新性を考慮しない構築方式を選んだり、SEO対策を忘れてしまったり、適切な運用管理体制がないといった落とし穴について解説しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました