重複コンテンツの危険性とは?対策方法から一緒に考える!

みんなのSEO対策

重複コンテンツは、ウェブサイトの検索エンジン最適化(SEO)において大きな問題となります。重複コンテンツが存在すると、検索エンジンが正しいページを選びにくくなり、サイトの可視性が減少する可能性があります。また、重複したコンテンツを複数のページに掲載してしまうと、ユーザーにとっても混乱を招くこととなります。

この記事では、重複コンテンツの危険性について解説します。また、重複コンテンツを避けるための対策方法についても詳しく紹介します。301リダイレクトやcanonicalタグなど、具体的な手段を用いることで、重複コンテンツのリスクを軽減することができます。さらに、よく見られる二つの重複コンテンツのパターンや自分のサイトをチェックする方法も紹介します。この記事を読めば、重複コンテンツの危険性や対策方法が分かり、より効果的なSEO対策を行うことができるでしょう。

  1. なにゆえに「重複コンテンツ」か?
  2. 重複コンテンツ、それはどのようなもの?
  3. 重複コンテンツを避ける!その手順とは?
    1. 手段1:301リダイレクトを活用する
    2. 手段2:canonicalタグを利用する
    3. 手段3:内部リンクを一貫させる
    4. 手段4:トップレベルドメインを活用する
    5. 手段5:Googleに対してインデックス希望のサイトを明示する
    6. 手段6:同じフレーズの使用を控える
    7. 手段7:ページに内容がないところは公開を避ける
    8. 手段8:ブログやフォーラムの仕組みを理解する
    9. 手段9:類似するコンテンツをなるべく少なくする
    10. 手段10:不要なページは削除する
    11. 手段11:URL削除ツールを活用する
    12. 手段1:301リダイレクトを活用する
    13. 手段2:canonicalタグを利用する
    14. 手段3:内部リンクを一貫させる
    15. 手段4:トップレベルドメインを活用する
    16. 手段5:Googleに対してインデックス希望のサイトを明示する
    17. 手段6:同じフレーズの使用を控える
    18. 手段7:ページに内容がないところは公開を避ける
    19. 手段8:ブログやフォーラムの仕組みを理解する
    20. 手段9:似ているコンテンツをなるべく少なくする
    21. 手段10:不要なページは削除する
    22. 手段11:URL削除ツールを活用する
  4. 注意!Googleペナルティの対象となる重複コンテンツ例
  5. よく見られる!重複コンテンツの2つのパターン
    1. 自分のサイトは大丈夫?重複コンテンツチェックの方法
    2. 方法2:sujiko.jpというツールを活用する
    3. 方法3:Google検索コマンドで重複を探し出す
  6. この記事のまとめ

なにゆえに「重複コンテンツ」か?

重複コンテンツは、ウェブサイトにとって大きな問題です。重複コンテンツは、同じ内容が複数のページで使われている状態を指します。これは、検索エンジンにとって混乱を招く可能性があります。なぜなら、どのページを公開すべきか判断がつかなくなるからです。

また、重複コンテンツはウェブサイトのSEOにも悪影響を与えます。重複コンテンツが存在すると、検索エンジンは同じ情報を重複して表示することを避けるため、そのページをランク付けする際にマイナスのポイントを加算する可能性があります。

さらに、重複コンテンツはユーザーエクスペリエンスにも悪影響を及ぼすことがあります。ユーザーは同じ情報を何度も見ることになり、興味を失ったり、サイトの信頼性に疑問を抱いたりする恐れがあります。

重複コンテンツ、それはどのようなもの?

重複コンテンツは、同じまたは類似したコンテンツが複数の場所で表示される状態を指します。これは、ウェブサイトのパフォーマンスと検索エンジンの評価に悪影響を与える可能性があります。例えば、同じ文章が複数のページで使用され、その結果、ページのランキングや信頼性が低下する場合があります。

重複コンテンツを避ける!その手順とは?

重複コンテンツを避けるためには、いくつかの手段があります。

手段1:301リダイレクトを活用する

元のURLから新しいURLへのリダイレクトを行うことで、ページの重複を回避することができます。

手段2:canonicalタグを利用する

重複しているページに対して、主要なページのURLをカノニカルタグで指定することで重複を防ぐことができます。

手段3:内部リンクを一貫させる

同じコンテンツへのリンクを一貫させることで、重複を回避することができます。

手段4:トップレベルドメインを活用する

異なるトップレベルドメインを使用することで、重複を回避することができます。

手段5:Googleに対してインデックス希望のサイトを明示する

Googleに対してインデックス希望のページを明示することで、重複を回避することができます。

手段6:同じフレーズの使用を控える

同じフレーズの使用を控えることで、重複を回避することができます。

手段7:ページに内容がないところは公開を避ける

内容がないページは公開しないようにすることで、重複を回避することができます。

手段8:ブログやフォーラムの仕組みを理解する

ブログやフォーラムなどのシステムの仕組みを理解することで、重複を回避することができます。

手段9:類似するコンテンツをなるべく少なくする

類似するコンテンツをなるべく少なくすることで、重複を回避することができます。

手段10:不要なページは削除する

不要なページは削除することで、重複を回避することができます。

手段11:URL削除ツールを活用する

URL削除ツールを活用することで、重

手段1:301リダイレクトを活用する

301リダイレクトは、古いURLを新しいURLに自動的に転送するための手法です。ウェブサイトのコンテンツの移動やURLの変更があった場合、301リダイレクトを使用することでユーザーが古いURLをクリックした際に新しいURLに自動的に転送されます。これによってユーザーエクスペリエンスが向上し、重複コンテンツの問題を回避することができます。

手段2:canonicalタグを利用する

重複コンテンツを避けるための一つの手段として、「canonicalタグ」の利用があります。このタグは、同じ内容の複数のページが存在する場合に、その中で一つのページを「正統なバージョン」として指定する役割を果たします。

例えば、同じ商品の説明ページが複数のURLで公開されている場合、その中で一つのURLを選び、全ての説明ページにそのURLのcanonicalタグを設定することで、複数のページが同じコンテンツとして認識され、検索エンジンが最適なページを表示するようになります。

canonicalタグの設定方法は、各ページの内に以下のようなコードを記述するだけです。

canonicalタグの活用により、同一コンテンツの複数ページによる検索エンジンの混乱や重複ペナルティのリスクを回避することができます。重複コンテンツの管理には積極的にcanonicalタグを活用しましょう。

手段3:内部リンクを一貫させる

内部リンクは、サイト内の別のページにリンクを貼ることですが、この内部リンクを一貫させることで重複コンテンツを避けることができます。例えば、同じキーワードに対して複数のページを作成した場合、これらのページに適切な内部リンクを設置することで、どのページが重要な情報を持っているのかを示すことができます。また、内部リンクにはアンカーテキストも重要です。アンカーテキストはリンクのテキスト部分であり、キーワードを適切に使用することで、ページのコンテンツとの関連性を示すことができます。内部リンクは、ユーザーにとってもページの移動が容易になり、ユーザーエクスペリエンスの向上にも繋がる重要な要素です。

手段4:トップレベルドメインを活用する

トップレベルドメインを活用することは、重複コンテンツを避けるための重要な手法の一つです。例えば、同じ内容を複数のドメインで公開することは避けるべきです。その代わりに、サブドメインやサブフォルダーを利用して、同じサイト内でコンテンツを分けることができます。これにより、全く同じページが複数のURLで表示されることがなくなります。

手段5:Googleに対してインデックス希望のサイトを明示する

重複コンテンツを避けるためには、Googleに対してインデックス希望のサイトを明示する必要があります。これによって、どのページをクロールしてインデックスに登録するかをGoogleに明確に伝えることができます。具体的な方法としては、サイト内の絶対URLをサイトマップとして提出することが挙げられます。サイトマップは、サイト内のすべてのページのリストを含むXMLファイルです。また、robots.txtファイルを使用することで、クローラーがアクセスすべきでないページを指定することもできます。これらの手段を活用して、インデックス希望のサイトを明示し、重複コンテンツを防ぎましょう。

手段6:同じフレーズの使用を控える

重複コンテンツを避けるためには、同じフレーズや文章を繰り返し使用することを控える必要があります。Googleはコンテンツのオリジナリティを重視しており、同じ内容を何度も繰り返すページは重複コンテンツと判断される可能性が高いです。
例えば、商品説明ページで同じ文言をコピペすると、重複コンテンツのリスクが高まります。それに対して、個々の商品に合わせたユニークな説明文を作成することで、重複コンテンツを避けることができます。
また、特定のフレーズを複数のページで使用する際には、バリエーションを持たせるように工夫しましょう。

手段7:ページに内容がないところは公開を避ける

ページに内容がない場合は、公開することは避けましょう。コンテンツがないページは、ユーザーにとって役立たず、検索エンジンの評価も低くなります。例えば、アクセスが集中しているページのリンクをクリックした際に、何も表示されないといったことがあると、ユーザーは不満を持つでしょう。また、検索エンジンもこのようなページをクロールしても情報が得られず、評価が下がる可能性があります。そのため、ページには十分な内容を提供することが重要です。もしもページの内容がまだ準備できていない場合は、一時的に非公開にしておくか、他の有益なコンテンツを提供することで、ユーザーと検索エンジンの信頼を損なわないようにしましょう。

手段8:ブログやフォーラムの仕組みを理解する

ブログやフォーラムはインターネット上で情報を共有するためのプラットフォームです。これらの仕組みを理解することで、重複コンテンツを避けることができます。ブログを書く際には、同じ内容を複数の記事で書くのではなく、1つの記事にまとめることが重要です。また、フォーラムでの投稿も同様で、同じ質問や回答を複数のスレッドに書くのではなく、既存のスレッドに追加することがオススメです。

手段9:似ているコンテンツをなるべく少なくする

重複コンテンツを避けるためには、似ているコンテンツをなるべく少なくすることが重要です。似ているコンテンツとは、同じような内容やキーワードを含むページを指します。これらのページは検索エンジンにとっては重複と見なされる可能性があります。重複コンテンツを避けるためには、似た内容を持つページを統合するか、重要なページにリンクを集約することが有効です。また、重複コンテンツを減らすために、テンプレートや定型文の使用を控え、個々のページに独自のコンテンツを提供することも重要です。

手段10:不要なページは削除する

重複コンテンツを避けるためには、不要なページを削除することが重要です。不要なページとは、重複しているコンテンツを持つページや、サイトの質を低下させる可能性のあるページのことを指します。これらのページは、検索エンジンにとって信頼性が低く、ユーザーにとっても有益な情報を提供できない場合があります。

手段11:URL削除ツールを活用する

重複コンテンツを解決するためには、不要なページを削除する必要があります。この場合、URL削除ツールを使用すると効果的です。URL削除ツールを使えば、Googleの検索結果から特定のページを削除することができます。

例えば、同じような内容のページが複数存在している場合、これらのページが検索結果に表示されると、重複コンテンツとして判断される可能性があります。そのため、URL削除ツールを使って、重複しているページを削除することで、コンテンツの重複問題を解決することができます。

注意!Googleペナルティの対象となる重複コンテンツ例

重複コンテンツは、Googleのペナルティの対象となることがあります。例えば、他のウェブサイトからのコピー&ペーストされた文章や、自分のサイト内でも同じ内容が複数の場所で掲載されている場合などです。重複したコンテンツがあると、Googleの検索結果に表示されにくくなる可能性があります。また、ユーザーが同じようなページを複数回見ることになり、ユーザーエクスペリエンスの低下にもつながります。ペナルティを避けるためには、重複コンテンツをできるだけ回避する必要があります。

よく見られる!重複コンテンツの2つのパターン

重複コンテンツにはいくつかのパターンがありますが、代表的なものは2つあります。

1つ目は、全く同じ内容を持つ複数のページが存在するケースです。これは、同じ情報を複数のURLで公開してしまい、検索エンジンがどのページをインデックスすべきか判断できなくなる可能性があります。

もう1つは、似た内容を持つ複数のページが存在するケースです。例えば、異なる地域で同じ商品を販売している場合などです。この場合、同じキーワードを使用しているため、検索エンジンはどのページを選ぶべきか迷ってしまいます。

自分のサイトは大丈夫?重複コンテンツチェックの方法

重複コンテンツの対策方法を知っても、自分のサイトが重複コンテンツを含んでいるかどうかは気になりますよね。調べる方法を紹介します。

方法1:Googleサーチコンソールの機能を使って、重複コンテンツをチェックできます。サーチコンソールの左側のメニューから、「インデックス」→「HTMLの改善」をクリックしましょう。タブ内の「ページの内容の重複」に表示される情報を確認することで、重複コンテンツがあるかどうかを確認できます。

方法2:「sujiko.jp」というツールを活用して、重複コンテンツを判定することもできます。このツールは、ミラーサイトや類似したコンテンツを検出するためのものです。自分のサイトのURLを入力し、重複コンテンツの存在を確認しましょう。

方法3:グーグル検索で重複コンテンツを調べるためのコマンドもあります。英字の「site:」の後に自分のサイトのURLを入力し、その後に特定のキーワードを追加することで、重複コンテンツを探し出すことができます。ただし、これはあくまで手法の一つであり、完全なチェックではありません。

重複コンテンツをチェックするために、Googleサーチコンソールの機能を活用しましょう。

まず、Googleサーチコンソールにアクセスして、該当するウェブサイトのプロパティを選択します。次に、左側のメニューから「クロール」→「インデックスを削除」を選択します。

このページでは、重複コンテンツやインデックスから削除したい特定のページを識別することができます。

具体的な手順としては、まず「URLの追加/削除」ボタンをクリックし、削除したいURLを追加します。

次に、「削除の種類」を選択します。ここでは、「特定のURLを削除」が選べますので、それを選択します。

そして、「削除するリクエストの種類」を選択します。この中から削除する対象に適した種類を選びます。一般的には「このURL自体に関連する情報を削除」が適しています。

最後に、理由を選択して「送信」ボタンをクリックすれば、削除リクエストが完了です。

これにより、Googleサーチエンジンが該当するページをインデックスから削除することができます。

方法2:sujiko.jpというツールを活用する

sujiko.jpは、重複コンテンツをチェックするための便利なツールです。このツールを使うことで、自分のウェブサイト内で重複したコンテンツがあるかどうかを簡単に確認することができます。具体的には、sujiko.jpのウェブページにアクセスし、自分のウェブサイトのURLを入力します。その後、ツールがウェブサイトを解析し、重複したページやコンテンツがある場合には、それを教えてくれます。さらに、重複したページが見つかった場合には、そのページのURLも表示されるので、簡単に問題解決のための対策ができます。sujiko.jpは無料で利用できるので、重複コンテンツのチェックに役立ててみてください!

方法3:Google検索コマンドで重複を探し出す

サイト内の重複コンテンツを見つけるために、Google検索コマンドを活用することができます。まず、検索窓に「site:」と入力し、その後に自分のウェブサイトのURLを追加します。このコマンドを入力することで、指定したサイト内のページのみが検索対象になります。

例えば、自分のサイトが「example.com」であれば、検索窓に「site:example.com」と入力します。そうすることで、Googleは指定したサイト内の全てのページを検索し、重複コンテンツを見つけることができます。

さらに、もし特定のキーワードやフレーズを持つページを検索したい場合は、「site:example.com キーワード」と入力します。このコマンドを利用することで、指定したサイト内で特定のキーワードを含むページを検索することができます。

重複コンテンツの問題を解決するためには、まずは問題のあるページを特定することが重要です。Google検索コマンドを使って重複コンテンツの問題を把握し、適切な対策を取りましょう。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、重複コンテンツの危険性と対策方法について紹介しました。重複コンテンツは、サイトの信頼性や検索エンジンの評価に悪影響を与える可能性があります。そのため、301リダイレクトやcanonicalタグ、内部リンクの一貫性などの手段を活用すれば、重複コンテンツを避けることができます。また、Googleペナルティの対象となる重複コンテンツの例や、重複コンテンツのパターンも紹介しました。自分のサイトが重複コンテンツを含んでいないか確認する方法として、Googleサーチコンソールやsujiko.jpというツール、Google検索コマンドを活用することも紹介しました。重複コンテンツは避けるべきですが、適切な対策を取れば問題ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました