Googleアナリティクスのアカウントを消す方法。

ウェブマーケティング

Googleアナリティクスのアカウントを削除すると、何が起こるのでしょうか?

削除は一時的なゴミ箱への移動され、プロジェクトや閲覧履歴も一緒に消えてしまいます。

しかし、削除完了のお知らせがメールで届くので、安心してください。

削除前に確認しておくべき事項のリストや削除にあたり気をつけるべきトラブルとその回避法もお伝えしています。

また、削除する前に必ずやっておくべき手順も具体的に説明しています。

この記事を読めば、Googleアナリティクスアカウントを消す方法が分かります。

Googleアナリティクスアカウントを削除すると、何が起こるの?

Googleアナリティクスは、ウェブサイトのトラフィックやユーザーの行動を分析するためのツールですが、アカウントを削除すると何が起こるのでしょうか?まず、アカウントの削除は一時的にゴミ箱に移動されます。削除されたアカウントは30日間ゴミ箱で保管されますが、それ以降は完全に消えてしまいます。

さらに、アカウントの削除はプロジェクトや閲覧履歴と共に行われます。削除されたアカウントに関連するプロジェクトやビューはまったくアクセスできなくなります。また、削除が完了すると、削除を通知するメールが登録されているメールアドレスに届きます。

したがって、Googleアナリティクスアカウントを削除する場合は、注意が必要です。削除する前に、アカウント内に重要なデータやレポートがあるかどうか確認しましょう。

削除は一時的なゴミ箱への移動

Googleアナリティクスのアカウントを削除すると、アカウントは一時的にゴミ箱に移動されます。これにより、アカウントのデータは完全に削除されず、一定期間は回復が可能です。

プロジェクトや閲覧履歴も一緒に消えてしまう

Googleアナリティクスのアカウントを削除すると、注意が必要な点の一つに、プロジェクトや閲覧履歴が一緒に消えてしまうことがあります。アカウントを削除すると、アナリティクスで作成したプロジェクトも削除されてしまいます。また、アカウントに紐づいた閲覧履歴も失われます。これらの情報が重要である場合は、事前にバックアップを取得する等の対策が必要です。アカウント削除に際しては、注意が必要であり、プロジェクトや閲覧履歴が消えてしまう点を念頭において行う必要があります。

削除完了のお知らせがメールで届く

Googleアナリティクスのアカウントを削除すると、削除完了のお知らせを受け取ることができます。このメールには、アカウント情報が正常に削除されたことや、関連するプロジェクトや閲覧履歴なども一緒に削除されたことが記載されています。削除完了のお知らせメールは、安心してアカウント削除が完了したことを確認するために役立ちます。

削除前に確認しておくべき事項のリスト

Googleアナリティクスのアカウントを削除する前に、以下の事項を確認しておきましょう。

  • 削除は一時的なゴミ箱への移動:
    アカウントを削除すると、データや設定が一時的にゴミ箱に移動されます。アカウントが削除される前に、必要な情報をバックアップしておくことをおすすめします。
  • プロジェクトや閲覧履歴も一緒に消えてしまう:
    アカウントを削除すると、関連するプロジェクトや閲覧履歴も完全に消えてしまいます。他のユーザーが共有された情報も消えるため、注意が必要です。
  • 削除完了のお知らせがメールで届く:
    アカウントの削除が完了すると、Googleからメールで通知が届きます。削除手続きが正しく行われたかを確認するため、メールをチェックしましょう。

ちょっと待った!削除する前にこれをやっておこう

アナリティクスのアカウントを削除する前に、以下のポイントを確認しておくことをおすすめします。

  • アカウント内に保存している重要なデータがないか確認しましょう。削除後は復元することができません。
  • 削除した後のアクションに備えて、プロジェクトや閲覧履歴をバックアップしておくことも考慮しましょう。
  • 削除完了のお知らせがメールで届くことを確認しましょう。削除後にアクセスできないと困る場合、メールを参照して復元手順を確認できます。

これらのポイントを確認してからアナリティクスのアカウントを削除することで、後悔することなくスムーズに手続きを進めることができます。

具体的なアカウント削除の手順

1. Googleアナリティクスにログインします。

2. 左上のメニューアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「管理」を選択します。

3. 「アカウント」、“プロパティ”、“ビュー”の3つのカテゴリーの中から、削除したいアカウントを選択します。

4. 選択したアカウントの設定画面が表示されますので、右上にある「設定」アイコン(歯車のような形)をクリックします。

5. 「アカウントの削除」を選択します。

6. アカウント削除の確認画面が表示されますので、削除したいアカウントのパスワードを入力し、再度「アカウントの削除」をクリックします。

7. 削除完了のお知らせがメールで届くので、確認してください。

これで、Googleアナリティクスのアカウントが削除されます。ただし、削除したアカウントに関連するデータや情報は復元できませんので、注意が必要です。

削除にあたり気をつけるべきトラブルとその回避法

Googleアナリティクスのアカウントを削除する際には、いくつかのトラブルに注意が必要です。まず、アカウントを間違って削除しないように気をつけましょう。複数のアカウントを管理している場合には、削除するアカウントが正確にどれなのかを確認することが重要です。また、トラッキングコードの削除も忘れずに行いましょう。削除したアナリティクスのアカウントに紐付いていたトラッキングコードが未だにウェブサイトに残っていると、正確なデータ計測が行えない可能性があります。

間違えて別のアカウントを削除しないように注意

Googleアナリティクスのアカウントを削除する際、注意が必要です。なぜなら、複数のアカウントを所有している場合には、誤って別のアカウントを削除してしまう可能性があるからです。特に、似たようなアカウント名やメールアドレスを持つ別のアカウントを持っている場合は、注意が必要です。削除するアカウントを再度確認し、誤って別のアカウントを選択しないようにしましょう。

トラッキングコードの削除を忘れずに

Googleアナリティクスのアカウントを削除する際には、トラッキングコードの削除を忘れずに行う必要があります。トラッキングコードは、ウェブサイトに設置されたスクリプトで、訪問者の操作や行動を追跡するために使用されます。アカウントを削除しても、トラッキングコードがサイト上に残っていると、依然としてデータが収集され続ける可能性があります。それにより、個人情報の保護やプライバシーの問題が発生する可能性があるため、アカウント削除前にトラッキングコードの削除を行うことをお勧めします。

この記事のまとめ:

いかがでしたか?この記事では、Googleアナリティクスアカウントを削除する方法について紹介しました。削除をすると、アカウントは一時的なゴミ箱へ移動され、プロジェクトや閲覧履歴も一緒に消えてしまいます。削除完了のお知らせはメールで届きますので、確認してください。また、削除前には確認しておくべき事項のリストもありますので、忘れずにチェックしてください。

さらに、削除する前にはちょっと待ってください!特定の手順を実行しておくことが重要です。具体的なアカウント削除の手順も詳しく解説しました。削除にあたりトラブルを回避するために、別のアカウントを間違って削除しないように注意してください。また、トラッキングコードの削除も忘れずに行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました