アナリティクスで拝見!「(not set)」の真実とは?

ウェブマーケティング

アナリティクスで拝見!「(not set)」の真実とは?

「not set」とは何?

Googleアナリティクスにおける「not set」の探し方

「not set」と「not provided」の違いを教えて!

「not set」が多く表示される原因は?

「not set」を除外する方法

検索クエリでの「not set」について

この記事を読めば、Googleアナリティクスの「not set」について全てが分かります。

「not set」とは何?

Googleアナリティクスを使用してウェブサイトのトラフィックデータを分析していると、遭遇することがある「not set」という言葉について説明します。「not set」は、特定の情報が提供されずに残っていることを示します。具体的には、ユーザーのアクションやイベントのトラッキングに関連するデータが欠落している場合に表示されます。例えば、特定のページのURL、キャンペーンの名前、およびリファラーの情報が不明な場合、それぞれのデータは「not set」として表示されます。

Googleアナリティクスにおける「not set」の探し方

Googleアナリティクスを使用してウェブサイトの分析を行っていると、「(not set)」という言葉を見ることがありますが、それは一体何なのでしょうか?今回は、それについて説明します。

「(not set)」は、Googleアナリティクスでトラッキングされた情報が特定のカテゴリに分類されていない場合に表示されます。具体的には、ページタイトルや検索キーワードなど、特定の情報が欠落している場合に「(not set)」と表示されることがあります。

「(not set)」を確認するためには、Googleアナリティクスのレポートセクションに移動し、該当するディメンションを選択します。例えば、ページタイトルの「(not set)」を確認したい場合は、「サイトのコンテンツ」→「全ページ」の順に選択します。すると、「ページタイトル」というカラムで「(not set)」を含むページが表示されます。

なお、「(not set)」と「(not provided)」は似ていますが異なる意味を持ちます。「(not set)」はGoogleアナリティクスにおいて特定のカテゴリの情報が不足している状態を表しますが、「(not provided)」は検索キーワードが暗号化されているために表示されないことを意味します。

「(not set)」の頻出原因は、トラッキングコードが正しく設定されていない場合やページ内のリンクが別のドメインにリダイレクトされる場合などが考えられます。また、サイトのデザインやユーザーの操作ミスなども原因として挙げられます。

「(not set)」を除外する方法としては、正しいトラッキングコードの設置やURLリダイレクトの修正が有効です。また、Googleアナリティクスの設定画面から特定のカテゴリのトラッキングを無効にすることも可能です。これにより、「(not set)」が表示される割合を減らすことができます。

最後に、検索クエリでの「(not set)」についても触れておきましょう。検索クエリとは検索エンジンでユーザーが検索したキーワードのことですが、「(not set)」と表示される

「not set」と「not provided」の違いを教えて!

「not set」と「not provided」という用語を聞いたことがありますか?これらは、Googleアナリティクスのデータによく出てくる言葉です。しかし、それぞれどのような意味を持つのか、正確に理解しているでしょうか?

まず、「not set」は、Googleアナリティクスで特定のデータが利用できない場合に表示されるラベルです。つまり、必要な情報が欠けていることを示しています。一方、「not provided」は、検索エンジンの検索キーワードが暗号化されているために、該当するデータが表示されないことを表しています。

これらの違いは重要であり、正確なデータを分析する際に注意が必要です。例えば、ウェブページが正常にタグ付けされていない場合、そのページのデータは「not set」として表示される可能性があります。一方、「not provided」は、検索エンジンのプライバシー保護のためにキーワードが保護されているために表示されます。

つまり、「not set」とはデータの欠落を示し、ウェブサイト内の特定の要素にタグが付けられていないことを意味します。一方、「not provided」は、検索エンジンの暗号化によってキーワードが保護されていて、表示されないことを示しています。

「not set」が多く表示される原因は?

Googleアナリティクスを使用していると、データの分析中に「not set」という言葉を目にしたことがあるかもしれません。では、なぜ「not set」が多く表示されるのでしょうか?

「not set」とは、ユーザーの情報が正しく設定されていない場合に表示されるデータです。具体的には、ユーザーが訪れたページやキーワード、デバイスなどの情報が不明なため、正確なデータが取得できず「not set」が表示されるのです。

一般的な原因としては、以下のようなケースが挙げられます。

  • 設定の不備:Googleアナリティクスのトラッキングコードが正しく設置されていない場合、情報が正しく収集されず「not set」となることがあります。
  • 暗号化された通信:最近のウェブサイトでは、通信を暗号化するHTTPSがよく使用されていますが、一部の情報は暗号化されるため、「not set」となることがあります。
  • 古いバージョンのアナリティクスタグ:古いバージョンのアナリティクスタグを使用している場合、ユーザーの情報が正しく収集されず、「not set」が表示されることがあります。

以上が「not set」が多く表示される原因の一部です。次回は、「not set」を除外する方法について詳しく見ていきましょう。

「not set」を除外する方法

Googleアナリティクスで「not set」と表示されるのは、トラッキングコードが正しく設定されていないことや、JavaScriptが読み込まれていないことが原因です。しかし、この「not set」のデータは正確な情報を得る上で役立ちません。そのため、これを除外する方法があります。

まず、除外するにはGoogleアナリティクスの設定画面に移動し、管理画面で適切なプロパティを選択します。次に、表示されているメニューの「管理」セクションで「ビュー設定」を選択します。

「ビューセクション」の中にある「フィルタ」をクリックし、「新しいフィルタを追加」ボタンを押します。フィルタの名前を入力し、タイプとして「カスタム」を選択します。そして、表示された「フィルタフィールドを選択」セレクターメニューで「Campaign Medium」を選択します。

最後に、「フィルタパターン」フォームに「(not set)」と入力し、「保存」ボタンをクリックします。これにより、「not set」を含むデータは除外され、より正確なデータを分析することができるようになります。

検索クエリでの「not set」については、Googleアナリティクスを使用してウェブサイトのトラフィック情報を分析する際によく見られる現象です。これは、ユーザーが検索クエリを入力せずにウェブサイトにアクセスした場合に表示されるものです。

例えば、あるユーザーが直接URLを入力してウェブサイトにアクセスした場合や、ブックマークや履歴からウェブサイトにアクセスした場合には、検索クエリが存在しないため「not set」という表示がされます。

また、「not set」と「not provided」は似たような表現ですが、異なる意味を持ちます。「not provided」は、検索キーワードが暗号化された状態で表示されるものであり、Googleがプライバシー保護のために導入したものです。

では、なぜ「not set」が多く表示されるのでしょうか?これは、ユーザーが検索エンジンを経由せずにウェブサイトにアクセスする場合や、検索クエリがHTTPからHTTPSに変更された場合にも「not set」が表示されるためです。

「not set」を除外するためには、Googleアナリティクスのフィルタリング機能を使用する方法があります。具体的には、「not set」の値を除外するフィルタを作成して適用することで、より正確なトラフィックデータを取得することができます。

以上が、「not set」についての説明と対策の方法です。大切なのは、「not set」が表示される理由を理解し、それに対応した分析を行うことです。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、Googleアナリティクスの「(not set)」について解説しました。具体的には、「(not set)」とは何か、Googleアナリティクスで「(not set)」をどのように探すか、そして「(not set)」と「(not provided)」の違いなどについて説明しました。また、「(not set)」が多く表示される原因や、それを除外する方法についても触れました。最後に、検索クエリでの「(not set)」についても簡単に説明しました。分かりやすくまとめたので、ぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました